不倫サイトって、セックスのパートナーを求めることだけが目的じゃないんですね

実はそういう話を知人から聞いて、私は正直なところ驚いているんですが……ほんとかよって感じですね。
どうしても男女の不倫っていうと、女性だったら旦那以外の男性と体の関係を持つこと、そして男性だったら妻以外の男性と体の関係を持つこと、というイメージが強いんですよ。
さらに余談ですが、不倫というとなぜか人妻のイメージが強いですね。
これはたぶん男性向けのアダルトサイトなどがイメージの原因だと思うのですが……不倫をしたときにとがめられるのは女性の側で、男性の側は同じように不倫をしてもあまりたたかれることがないというイメージがあります。
私はまだ不倫というものを経験したことはありませんが、こういう点に関しては率直に言って不思議だと思います。

それはともかく、女性にとっても男性にとっても、不倫相手に求める理想は人によって大きく違うということは意識しておくべきでしょう。
自分が実際に出会い系サイトを利用して不倫をしたいと考えているならなおさらです。
例えば、俺はセックスの力でたくさんの女を満足させる自信があるから、たとえだれが相手であってもセフレ候補だったらイチコロだぜ、とか考えている男性がいた場合、そういう下心を女性に見抜かれてしまうと(実際、たいていの女性は男性の下心を見抜くカンを持っているものです)それだけでもう出会い系サイトを利用しても「良いセフレ候補の女性を見つけて親密な関係を築くということが難しくなります。

だいたい、女性が出会い系サイトを利用して「セフレを募集しています!」ということをはっきりカミングアウトする例は少ないのです。
女性が出会い系サイトを利用してセフレを募集しているということを、はしたないことだと考えている女性は多いですから、たとえそういう願望を持っていたとしても、それをプロフィール欄などには書いたりせず、実際に自分の理想に近い男性と知り合うことができてから、その本人にだけこっそり「もしよろしければ私とセフレの関係を持っていただけませんか?」というふうに依頼するケースが多いみたいです。

また、ある女性には好きな男性がいたとします。
女性の希望としてはどうしてもその男性と「恋人同士の関係」を持ちたいのだけれど、残念ながらそれはできない。
なぜなら、その男性にはすでに好きな人がいるか、あるいはすでに結婚しているという事情があるのです。

お付き合いができないということがわかった時点で、潔く諦める……ということができたらいいのですが、やっぱり恋愛対象というのは女性にとって特別なので、好きな人との関係をどうしても諦めきれずに、恋人同士の関係を持つことができないなら、あるいは結婚できないなら、せめて私とはセフレの関係でいて下さい、というふうに、好きな人に対して切実にお願いしてしまう女性が実際にいるようです。

男性からすればとんでもないお願いで、とてもそれを受けることなんてできないといいたいところですが、女性からそれだけ強い好意を持たれているというのは男性にとって気分の悪い話ではないですし、なにより、泣きながらそんなことをお願いされるなんて言うシチュエーションがあったら、たとえ内心ではどのように考えていたとしても、むげに断ることなんてできるわけがないのです。
ちょっと古い言い方かもしれませんが、まさに涙というのは女の武器なんです。

例えば、相手の男性が結婚していることを知りながら、それでも私とセフレの関係でいてくださいということをお願いした場合は、その女性はパートナーの男性を不倫の関係に巻き込んでいるということになります。
そのことについてどれくらいの罪悪感があるのかなどと言ったようなことは、やっぱり人によっても考え方が違うと思うので一概には言えないのですが、不倫の関係を持つといっても、それは必ずしも体の関係だけを考えるということではないみたいなんです。

自分にとって「大好きな人がいる」という場合、その人に対してどういう関係を求めるかというのは女性によって違います。
それぞれが別の恋愛観みたいなものを持っていて、その恋愛観は、女性同士であっても理解できないことがあるくらい、とにかく個人差が大きいものなのだそうです。

例えば、ひたすらどんなことがあっても悩みを聞いてくれる男性にそばにいてほしい、その男性とは結婚ができるわけではないので「セフレ」という関係になる。
という場合だってあるのです、女性は、セフレとしてお付き合いをする男性に対して、かならずしも体の関係だけを求めているというわけではないのです。

関連記事一覧→不倫SNSとは?その魅力に迫る