できる限り普通の恋人と同じような態度で接してあげるのがいいです

出会い系サイトを利用している男性の中には、もう最初からセフレとの出会いしかあまり考えていないという人は結構ウイルと思います。そもそも、出会い系サイトを利用してまじめに結婚を前提に考えられるような相手を探すのは難しいものなのです。そういう事情については、すでにある程度出会い系サイトの利用に慣れた人だったら割と誰でも知っているものだと思います。

すでにそういう事情を知っているからこそ、出会い系サイトを利用してセフレを募集したいという気持ちが出てくるのだと思いますが、かといって、自分はセフレが目当てで出会い系サイトを利用していますということが相手の女性に知られてしまうと、それは結構男性にとって都合の悪いことになるというのも事実なのです。

具体的には、こいつはセフレが目当てで出会い系サイトを利用しているのだということが知られると、もうそれだけで女性からは白い目で見られます。いやらしい男だと思われて、それだけで評価が下がります。もちろん、女性だって出会い系サイトを利用しながらセフレを募集しているということは普通にあるのですが、多くの女性は、たとえ自分がセフレ目相手で出会い系サイトを利用していたとしても、あまりそういうことを口に出して言いません。

自分がそういう言ことを言うのが恥ずかしいというのはもちろんあるのですが、もし自分がエッチな女であるということが知られると、出会い系サイトを利用して、とんでもない変な男ばっかりが自分のところに集まってきてしまうのではないか、という警戒心ももちろんあるんですよね。

基本的に女の子は、カラダが目当てで自分に近づいてくるのではないかという男に対して強い警戒心を抱きます。だから、セフレが目当てで出会い系サイトを利用している男性は、セフレを募集しようということをあまり表に出さず、まずは普通にメル友としての関係を持って、パートナーになる女の子の警戒心を解いてあげるということが何よりも必要なんですよね。

最終的に、出会い系サイトを利用して知り合った男女がどういう関係になるのかというのは分かりません。本人たちはあまりいとしていなくても、最終的には恋人同士のような関係になるということもあるし、セフレの関係になったとしても別におかしいことではありません(参照記事→セフレサイト)。

ただ、せふれだから相手のことをいい加減な気持ちで扱っていいのだということはもちろんなくて、たとえ相手がセフレであったとしても、恋人と同じような感覚で付き合うのがベストだと思います。恋人と同じような感覚で付き合うというのはつまり、相手の気持ちを考えて大事にするということですね。