神待ちをしたいのですが、どうすればうまくいきますか?

出会い系サイトを利用していると割と簡単に神待ちができるという話を聞きました。私も神待ちをしてみたいと(興味本位で)ずっと前から考えているのですが、いざ神待ちをやってみようと思っても、どうやったらうまくいくのかがわからないのです。私と同じように神待ちをやってみたいけれどもどうしたらいいのかわからないといって悩んでいる人は、きっと全国にたくさんいるのではないかなと思います。

神待ちをしたいんだけれど、どうすればうまくいきますかというようなことを、たくさんの人が利用している質問掲示板に書き込んでみたんです。しばらく待ってみると、たくさんの回答が出ていました。そもそも、神待ちという行為自体を否定して、私のことをぼろくそに書いてくる人も多かったのですが、出会い系サイトを利用してどういう出会いを求めるかについての考え方は人それぞれ違っていて当然ですし、セフレとか神待ちとかそういう特殊な男女関係についてあまりよく思わない人がいるということも、当然のことながら理解できます。

しかしながら今回は、ある程度の参考にできそうなことを書き込んでくれた人の回答を参考にしました。だいたい、参考になりそうなことを書き込んでくれた人は、実際に自分も神待ちをやってみたことがあるという人が多かったです。

自分がどこに住んでいて、だいたいどのような頻度で、どれくらいの期間家出をするのかということによっても違ってくるのですが、家族ではない人の元に何日も泊めてもらうというのは、やっぱり迷惑がかかるものです。同性の仲のいい友達がいて、困ったことがあった時は割といつでも泊めてくれるという人がいるならそういうのが一番助かるのだと思いますが、それだと、神待ちの意味からちょっと外れるかもしれないので今回はそういうケースについては考えないことにします。

神待ちをするといえば、やっぱり自分をかくまってくれる相手は異性だということになりますよね。例外はあると思いますが、神待ちをするのは基本的に女性なので、家出をした女性が親切な男性にかくまってもらうというケースを考えます。基本的に、親切な男性に泊めてもらというのであれば、その男性との関係はセフレということになると思います。

困った時は確実に泊めてくれるような仲のいいセフレが一人いれば、いつ家出をしても大丈夫だという感じでしょうが、それでも、人にはいろいろ都合というものがあるので、家出をしようとしたときに「今日だけ一晩泊めてくれない?」とお願いしたら、悪いけど今日は無理だというふうに断られてしまうケースも結構あります。

そういう時は、いつも泊めてくれる人の他に、サブといっては何ですが、いざという時に自分をかくまってくれるもう一人別のセフレがいたら、慌てる必要がなくなります。要するに、家出をしたと金かくまってくれるセフレが複数いたら、いざという時にも慌てなくていいということになります。

神待ちをしたいなら、どうやって男性に「この子を泊めてあげたい」という気分にさせるかということも重要になりますよね。女の魅力でアピールできるならそれがもちろん一番いいことなんですが、どういう女が好みなのかというのはもちろん男性によってさまざまなので、当然のことながら、出会い系サイトを利用してセフレを募集するなら、出会った二人の相性がそれなりに良いことというのが重要なポイントになります。

神待ちをする際に、泊めてあげる代わりにといって何か見返りを要求されることがあります。見返りとしてあまり無茶な要求をしてくる男性とは付き合いにくいものですが、最近では男性もちゃんといろいろなことを考えているので、神待ちをしている女性にあまり無茶なことを要求しては、自分が神として必要とされなくなってしまうということにも気がついています。だから昔に比べて、神待ち少女に対してあまり無茶な要求(例えば出会ったその日にいきなりセックスしようといってきたり)をする男性が減ったように思うということを書いている女性もいました。

確かに最近では「草食系男子」という言葉が割と頻繁に使われていますし、男性の押しが弱くなったということは言えるかもしれません。女性の立場からすれば、それがメリットにもなればデメリットにもなるわけですが。

神待ち少女というのは要するに援助交際の希望者なのだというふうにいう人もいますが、これがつまりどういうことなのかというと、神待ちをしながら、女の魅力で男性を虜にすると、割といい条件で泊めてほしい時に泊めてもらえるようになるということらしいのです。

割といい条件で泊めてもらえるというだけではなくて、いっそのこと、自分がセックスしまくりたいものだから、神待ちのパートナーである男性とセックスして、その見返りとしてお小遣いをもらうという女性までいるようです。それだけ女性としての魅力を認めてもらえているということなので、援助交際という行為が男女の関係としていかがなものかという問題は別として、自分の体を資本にしてお小遣い稼ぎができる女性というのは、なんとなくうらやましいと感じてしまうものです。

出会い系サイトを利用して知り合った男性に「泊めてください」とお願いする代わりに体を無償で提供するという女性はかなり少ないですが、女性の魅力で男性を虜にしてしまって、援助交際の感覚で男性を満足させてお小遣いをもらうという女性は結構いるようです。

スムーズに家出少女と出会う方法まとめ→神待ち掲示板について